amimegiraffe’s blog

読むとちょっとお得な、ブログとやらにふさわしい文章の集合体

転職か?

こんにちは。アミメキリンです。

最近は、キリングッズも充実してきて嬉しいです。

 

過去の記事で、「転職か、独立か?」

というタイトルがありますが。

 

この度転職することになりました。

職種、業界は変わらないので、正確には「転社」です。

転職活動については、詳細は語りませんが、

転職活動を通して、私がもっとも困難さを感じたことを紹介します。

 

転職活動の難しさ

わたしは、一人暮らしをしていて、

家にプリンタがありません。

パソコンはありますが、Macで、MSOfficeを入れていないので、

文章の編集に困難を極めます。

 

そんな状態で、転職活動を開始したので、

職務経歴書を書くために友人宅へパソコンを借りに行き、

印刷は実家のプリンタで行い、

メール送信は自分のパソコンで実施する、

というなんとも面倒なことをやっていました。

 

大学時代には、実家住まいでプリンタもパソコンもあり、

課題のレポートも論文も全く困ることはなかったので、

社会人になってこのような苦労をするとは思いもよりませんでした。

 

 対策として考えたのは以下の3点です。

  1. オフィス事務サービス
  2. ホテルのレンタルPC
  3. ネットカフェ

 

ネットカフェは、行きたくなかったので行きませんでした。

 

ホテルのレンタルPCは、

一晩1,000円程度なので、他の二つよりもリーズナブルかもしれないと思い、

予約直前までいきました。

ですが、実行までには至りませんでした。

近場で行きたい場所や、泊まってみたいホテルがある場合には、

たいへんおすすめな選択肢です。

 

オフィス事務サービスは、今回初めて利用しました。

会員登録をし、会員証アプリを入れ、準備万端で店舗へ行きました。

平日の夜でしたが人は少なく、スムーズにPCをレンタルすることができました。

しかし、メールにログインするためのパスワードが分からなくなり、無駄に15分経過。

パスワードを諦めて、改めて経歴書の作成し直しました(泣)

トラブルにより、予定より時間がかかった結果、ホテルのレンタルPCの方が安かったです。

 

初めてのことをするときは、事前調査、予行練習が欠かせないことを実感しました。

 

 

転職とは直接関係ないことですが、

家で仕事ができると体制を整えておくことも、大切であると実感しました。 

今後のために、最低限のオフィスが使えるPCと、最低限の機能がついたプリンタは用意しておこうと思います。

 

☆次回予告☆

メルカリストとしての私

 

乞うご期待。

お気に入りのコーヒースタンド

こんにちは。アミメキリンです。

 

いま、一押しのお気に入りのコーヒースタンドが、実家の近所にあります。

コーヒースタンドと、学習塾が一緒になった場所で、

ものすごく美味しいコーヒーをいただきながら、子供たちの様子を見ることができて、癒されます。

 

数年前、EテレのUー29という番組で、

東京にあるコーヒースタンドを若者たちが

日本のコーヒーの常識を変えるべく、

努力している姿を見ました。

それ以来、ずっと気になっていて、行きたいなぁと思っていました。

そのコーヒースタンドが、2号店を京都に出店することを知り、

さっそく行ってみた、というわけです。

 

テレビで見た若者たちが、キラキラしていてまぶしくて、

なんとなく気になっていただけのところから、

お気に入りのお店を見つけられることにつながって、ラッキーだなぁと思います。

京都に(しかも出町に)お店出してくれてありがとうと、勝手に感謝しています。

 

とっても静かなお店なので、ほんとにぼんやりと、

ゆったりとした時間を過ごすことができます。

ブログを書くのにもいいお店です。 

 

お店の名前は明記しませんが(許可とってないので)、

気になる方は個別にお尋ねください。

Instagramの使い方(HowToではなくてForWhat)

こんにちは。アミメキリンです。

きりん。キリン。麒麟です。

 

突然ですが、Instagramを始めました。

今まで、あまり興味がなかったのですが、

思い立って始めてみました。

 

Instagramと聞くと、リア充の女子が嗜むものとおもっていましたが、

実際に始めてみると、そうでもないということに気づきました。

 

なんのためにInstaしてますか?

一般女子の楽しみ方は、おそらく撮った写真を素敵に加工してポストするのでしょう。

自撮りや食事の写真が目立ちます。

最近では“インスタ映え”という言葉まで生まれていて、

Instagramにポストするためにお出掛けする人もいるほどです。

 

一方で、そういったユーザーとは一線を画すユーザーも多く、

わたしとしては、そちらのほうが気になります。

おすすめユーザーの投稿をザッピングして、気になったのは、ビジネス目的で利用しているユーザーです。

 

ビジネス目的でのInstagram

意外だったのですが、ビジネス目的でいろんな人をフォローしたりされたりしているユーザーが多いんですね。

傾向として、ハンドメイド作家、フリーランスコンサルタント、冒険家、モデルが多いようです。

もちろん、企業やお店のアカウントもあります。

 

ハンドメイド作家は、自分の作品や、制作工程を写真や動画で投稿し、プロフィールから自分の店舗へ誘導のパターンが王道のようです。

 

コンサルタントは、写真の投稿が少なく、ひたすらフォロー&フォローバックにより閲覧者を増やしています。

 

冒険家やモデルは、自撮りや自分のお気に入りの写真を投稿し、声がかかるのを待っているようです。

 

 

ビジネス目的のユーザーがあまりに多いためでしょうか。中には「副業のフォロー禁止」とプロフィールに記載しているケースもあります。

単純に写真を楽しみたいユーザーの邪魔をしない配慮が望まれます。

 

写真家やイラストレーターのInstagram

写真、そして写真以外の作品の発表の場としても、Instagramは支持されています。

 

Instagramのアプリで簡単に写真を加工できるため、

「なんちゃって」フォトグラファーも多いとおもいますが、

中には本当にプロのフォトグラファーとして活躍している人もいるようです。

 

また、イラストや漫画をポストしている人も増えているようですね。

登録や投稿が簡単で、ハードルが低いからだと思います。

一度に複数枚投稿できるようになったことで、漫画の閲覧が簡単にもなりました。

なかなかクオリティの高い方も多く、楽しめます。

 

 

ではわたしはどのように使っているかといいますと・・・。

普通に写真をポストしています。

もともと写真を撮るのが好きなので、

お気に入りの構図の写真をスマホで撮ってポストしています。 

 Instagramは、ツイッターよりもフォローやいいねがつきやすく、

文字の入力は最低限ですむので、

ネットの世界の住人でなくても気軽に楽しめるとおもいます。

 

まだ始めてない方も、

気軽に始めてみてください。

 

☆次回予告☆

転職か?

 

こう御期待

成長を助ける教育とは~個別的な指導~

こんにちは。アミメキリンです。

キリン模様の東京バナナが食べたかったけど、キャラメル味は嫌いなのです。

 

前回に引き続き、

成長を助ける教育について、

考えます。

 

コーチングを駆使しても、効果の上がらない場合、

基本に立ち返り、一から十まで全て伝えることをおすすめします。

 

もう、自分で考えさせるとか、真面目なことは考えない(笑)

 

作業の指示は、背景から目的、完了基準まで全てを伝え、可能であれば文書にして渡す。

作業を細分化したタスクまで、全てわかるまで伝え、迷わず作業ができるようにする。

 

ここまでしても、何もできないようであれば、もう諦めるしかありません。逆に言えば、ここまでしたら作業を遂行できるのであれば、まだ希望があります。

 

次の段階として、また同じような作業をしてもらうときに、

今度は自分で細分化させるのです。

できれば、チェックリストまで作って貰いたいところです。

 

自分が迷わず作業を進められるよう、作業を細分化する。

そして、チェックリストで作業結果の確認をさせる。

 

作業の細分化もチェックリストも、

作業指示者がレビューをして、

改善点は指摘と対応内容を伝えて、

確実に改善されるようにします。

 

これを繰り返し、少しずつ確実に、

一人でできることを増やしてもらいましょう。

 

(これでもだめなら、向いてないので辞めた方がお互いの為なような気がします。)

 

 

☆次回予告☆

Instagramの使い方(HowToではなくてForWhat)

 

乞うご期待。

 

成長を助ける教育とは

こんにちは。アミメキリンです。

「きりんさんが好きです、でも、ぞうさんのほうがもっと好きです。」に納得できません。

 

前回に引き続き、人間の成長について考えます。

 自分に満足をしていない人間は、成長するとおもいます。成長しない人間を、時には成長させなければならないことがあります。

仕事のうえでであったり、学校や塾でのことでもあるでしょう。

そんなとき、どのように対応すれば成長させることができるのか、考えてみます。

(本当は今すぐ答えを教えて欲しいくらいなのですが。)

 

コーチン

今や教育と言えばこれ、

といえるようなコーチングはどうでしょうか。

 

わたしは、コーチングは万能だとおもっていました。

ですが、今年うちの部署にきた新人には効果がなく、万能説は覆されました。

 

しかし、一部の例外を除くと、概ね有効な手法であるとおもいます。

 

傾聴が大事です。相手の言いたいことを洗いざらい言ってもらうことです。

しかし、現実的にはすごく難しいですよね。

特に、利害関係のある人間同士ならなおさらです。

傾聴のための質問や、聞く態度、声のトーンなどに気を付けても、

利害関係のある人間にすべて話してもらうことは無理なのではないかとおもいます。

 

しかし、諦めてはいけないとおもいます。

聞く側が諦めた瞬間、話す側も諦めます。

 「諦めないこと」も傾聴のために必要なことだとおもいます。

 

それでもダメな場合どうしたら良いのでしょうか。

とりあえず、相手に対する責任以外の責任を、すべて放棄してみてはどうかとおもいます。

つまり、相手と利害が一致している状態になるということです。

これは、まだ実践してみたことかないので、成功率などはわかりませんが、今後試していってみたいと思います。

 

長くなりそうなので、今回はこのあたりで。

 

☆次回予告☆

成長を助ける教育とは。その2

 

乞うご期待。