読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amimegiraffe’s blog

読むとちょっとお得な、ブログとやらにふさわしい文章の集合体

今週のお題「年末年始に見るべき海外ドラマ」はこれだ!

今週のお題

こんにちは。アミメキリンです。

道明寺のキリンさんにキュンとしました。

※大阪の道明寺というお寺の入り口にすごく細いキリンの置物があるのです。

 

 

今週のお題に挑戦ということで、

年末年始に見るべき海外ドラマについて、いくつか提案してみます。

普段あまり海外ドラマは見ないのですが、これまでに見た数少ないなかから、お気に入りを紹介します。

 

1.フルハウス

海外ドラマといえば、これが真っ先に思い浮かびます。

長期間同じ俳優陣で撮影されていて、どの話を見ても面白いので、見始めると止まりませんね。

末の娘のミシェルがすごく可愛くて、癒されます。

日本語吹き替えでは、ジェシーおじさんのことを”おいたん”と呼んでいて、それもとても可愛らしくてキュンキュンします。

 

一話完結であることが多く、ほのぼの日常系のストーリーなので、ドキドキわくわくは期待できませんが、年末年始の時間があるときに、まとめて見ておきたい作品です。

 

2.チャングムの誓い

韓国ドラマです。宮廷の料理人から王の医師にまで上り詰める女性のサクセスストーリーですが、韓国ドラマらしい愛憎と純愛が混沌と盛り込まれていて、引き込まれます。

韓国ドラマは、とにかく時間が長いです。

年末年始のように時間があるときでないと、絶対に見終われないです。

いや、年末年始を使っても見終わるのは無理かもしれませんが。。。。

 

3.ダウントン・アビー

イギリス映画です。

NHKで、シリーズを連続放送していたのを見て、はまってしまいました。

話が重く、長いです。また、よく人が死にます。

 

登場人物みんなにストーリーがあります。

だから、そのなかの誰かを好きになることが出来ます。

頑張っているひとが多いので、応援したくなります。

 

 

 

いよいよ12月に突入しました。

年末年始を有意義に過ごすために、計画をちゃんと立てておこうとおもいます。

 

次回も乞うご期待。 

 

特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

【PR】海外ドラマ、見たくなったら ⇒ Netflixは1ヶ月無料体験